Welcome to E's Class !!

E's Classは学力を高め自分の夢を叶える学習塾です。

 全ての子供たちが、誰も取り残されることなく夢を実現するために、健常児、発達障害及び軽度の知的障害児が同じ教室、同じ時間に一緒にマゼコゼになって学んでいます。なぜマゼコゼなのか?それは、大人になって社会に出たらマゼコゼだからです。子供のうちから社会と同じ状況を体験することで、健常児は「発達障害等の見た目は普通」な人が、何が苦手で、どうすればお互いに理解しあえるかを知ることが出来ます。障害児は「自分の苦手を相手に伝え、理解してもらいながら自分の出来る事」を増やしていけます。

 

現在、小学生~高校生が通っていますが、高卒生及び社会人も受け入れています。卒業生には、有名国立大学の大学院を卒業して研究者になった者、当塾で英語を学んで海外へ進出した者、妹が看護大学を目指して学んでいる姿に刺激され、看護学校を目指す為に通った社会人の兄、読み書き障害を持っているのに、工夫と努力で介護福祉士の資格を取得した高校生がいました。そして、自閉症で他人と触れ合う事が出来ない幼児が9年経って、今は新入塾生に自ら進んで塾のシステムを説明をしています。当塾に通ってくる生徒は、それぞれが持っているものを最大限に活かす事ができるのです。 

 

また、3年前からZoomを使った双方向、つまり教室で受けているのと同じ環境のオンライン授業を行っています。これまで、新潟県や茨城県の高校生から問い合わせがあり、新潟県の生徒は第一志望校に合格、茨城県の高校生は引きこもりがちだったのが大学進学という目標を持つことが出来ました。現在も不登校や僻地で交通の便が悪く通えない子の学習の手段となり好評を得ています。

 

<E's Class設立の背景 >

塾長である小林恵理は、家庭の経済的事情や自身の病気により高校を3回退学し、27歳の時に岐阜県の通信制高校に編入、29歳で卒業しました。その後、夢であった教員になる為に通信制大学の英文学科に進学。その頃に中学生向けの家庭教師を始め、この経験から学校ではない場所で子供を指導する事に意味と価値を見出し、大学を自ら退学し、カナダへの短期語学留学を6度繰り返し学びました。このように、家庭環境や身体に不安があっても、周りのサポートがあれば、自分で考え行動をし、夢を叶えられると確信し、それを子供たちに伝える為に自然とこのスタイルが確立されていきました。

 


どんな塾?

 わからないことは、どこまでも遡って学習します。中学生や高校生でも、割合や分数が苦手なら小学生まで遡ります。

 頑張って解いたのに間違っていた…何処を間違えたか、必ず確認します。

 テストの時に、私たち講師は傍にいてあげられないから、自分で考えて解く力をつけさせたい…そんな塾です。

守って頂きたい事

 宿題を忘れる、嘘をつく…これは、当塾で一番やってはいけないことです。

 宿題も1度や2度なら…いえ、忘れたときはそれが終わるまでは授業は進みません。繰り返せば叱らせて頂きます。

 大人になってから、何かの期限を守るのは社会の中で当然のことですから、そのための練習です。


恵那教室

武並教室

苗木教室